かくかくしかしか

おもいついたことかきます

交流会

 

もう名古屋の交流会に行ってから一月くらい。

 

 

 

 

あの日のオフって「大会」やってから「フリープレイ」だったんですけど

 

この部分に焦点をあててみたいのが今日の話題です。

 

 

 

 

前置きですが、

 

名古屋オフそのものは参加者も多く、楽しかったのでとてもよかったと思いますし

 

本記事は各方面のオフ会の内容等を批判するものではないので予めご了承ください

 

 

 

まず大会っていうシステムなんですけど

 

「交流会」という観点においてメリット・デメリットがあります。

 

・大会のシステムや競い合う楽しさ、パートナーと高みを目指す面白さを知ることができる

・固定のパートナーと数プレイに渡ってマルチすることができ、より仲を深めることができる

 

これは明確なメリットです。ただ単純にマルチプレイをぐるぐるする以上のことが出来るのは「大会」をやる上で十分な意義になるでしょう。

 

反面デメリットもあります。

 

・勝ち上がり組と負け組でプレイ量に差がある。

・初心者が参加しにくい

 

 

「大会ってそういうものなんです」よね

 

自分もそこまで例外でなく、出番が終わると終わるまで何やっていいか

わからない人って結構多いと思うんです。

 

あとどれだけ理由をつけても初心者って大会に参加しにくいもんだと思います。

 

「気軽にいろんな人とマルチプレイする」っていうことと

「初心者の方も気楽に大会に参加してね」っていうのは運営しているひとも、

やってるプレイヤーからしてもそんな大差ないんですけど、

前者のほうがいいのかなって気もしたりしなかったり。

 

ただ、大会がやりたいって人もいるだろうし、

大会に参加したことでモチベーションがあがりましたって人は

初心者であっても上級者であってもいると思うので

どちらがいいということはないと思っています。

 

 

あとひっかかったルールは予選のSyncバースト禁止かな。

少なくともバーストを押すだけでマルチプレイとして利益がある

(Syncバーストをn回発動した)クラウンがある以上、

「バーストは一番最初に押す」くらいのルールでよかったと思ってる。

それも難しいんだけどさ。

 

公平を期すためだというのもとてもよくわかるし、実質予選のスコアは

おおよそ平たくなっていたので、運営の方針としては間違ってないと思う。

 

 

で、フリープレイ

 

今回は特別来場者Kさんがいらしたのでそれでおおよそ時間が

終わってしまったのもありますが、

 

とくにあれですね。うん。

何もなかったですね。

 

ある程度の方は自分から話しかけにいきましたけど

それ以外はほとんど記憶に残ってないです。

今回はあんまり自分から行かないようにしてたのでで。

 

こういう会には、いろんな人と会ってみたくて、いろんな人と

プレーしたくて行きますけど、みんな結構身内で固まっちゃって

あれだなー って。

 

やっぱ積極的にいかないとだめ。

 

 

 

で、まぁ、なんとなく思ったのが

 

「会場にいる人とラウンジでフレンドになる。」とか

「新しくミッションランク5を獲得する。」とか

「3人の人とマルチプレイをする。」とか

 

そういうのを9つくらい書いた紙を配布して

「今日の交流会ではこのカードを埋められるように頑張りましょう!」

とかいって配布してもらったほうがいろんな人と交流できると思うし。

 

好きな曲できるし、上手い人は相手のクラウン貢献できて気持ちいいだろうし

よほどWin-Winなんじゃないかなーって思った次第。

 

 

こういう思ったことをちょっとずつ活かしていろんな

企画したいのはやまやまなんですが他のオフ会との

兼ね合いも考えなきゃいけないですし。

 

 

 

やるとして春くらいになるんじゃないですかね。

 

そんな時間あるかな。。。